健康オタクブログ!健康のためなら命はいらん!!

健康になるためなら命もいらん?健康になるために日々戦ってるオンナの健康オタクブログです。

一晩寝かせたカレーで食中毒!食中毒を防ぐ方法

2~3日前に「一晩寝かせたカレーで食中毒」という

話題というかニュースが出てました。

これは、これまでも出ていましたが、何故か2~3日前にも出てました。

 

 これまでも、「一晩おいたカレーは美味しい」とか

「一晩寝かせたカレーは美味しい」と言われてきましたが

実は、そうじゃなかったんですね。

いや、確かに熟成されて美味しくなるのかもしれません。

しかし、美味しい以前に一晩寝かせたカレーはキケンということが。

 

それは、ウェルシュ菌が増殖するからです。

ウェルシュ菌とはどんな菌?

では、ウェルシュ菌とはどんな菌なのでしょうか。

長時間煮込むカレーで食中毒?とは考えにくいのですが、

食中毒の原因となってるのが『ウェルシュ菌』です。

 

ウェルシュ菌はやっかいな菌で、熱に強くて加熱しても死なないのが特徴です。

ウェルシュ菌とは、人や動物の腸管内や土壌、下水などに存在する菌で

“芽胞”と呼ばれる殻の中にいるので、熱に強い菌と言われています。

なので、何時間煮込んでも殻の中にいるので死滅せず、

その後カレーなどの中で増殖して食中毒の原因となってしまいます。

 

ウェルシュ菌が原因の食中毒を予防するには

熱に強いウェルシュ菌ですが、空気に弱いのも特徴です。

なので、カレーなどの煮込み料理を作ってる時は、空気に触れるように

ひたすらかき混ぜて表面積の広くて浅いタッパーに入れ替えて保存する!

コレです!

 

カレーを作ったらほうっておかずに小分けして冷蔵庫で保存しましょう。

これは“ホンマでっかTV”でも池田先生が仰っていました。

 

実は、先日、シチューを作るのも悩んでいました。

食べる数時間前にシチューを作るのが面倒だったり、時間的に難しかったので

前の晩に作っておいておこうと思ったんです。

 

ところが、このウェルシュ菌の食中毒のニュースが出たので

作るのを躊躇して、結局食べる数時間前に作ったんですけどね。

 

ちなみに、私はカレーもそうですが、煮込み料理を作る時

土に菌がいるかもしれないので、土つきの野菜を調理する時は

まな板にのせたり、まな板で切ったりしていません。

 

特に、じゃがいもや玉ねぎは土がついてる事が多くて

牛乳パックを広げたものの上で切ったり、空中で切ったりしています。

さすがにみじん切りなどは空中で切れませんが、根っこを落としたり

芽を取る時などは、何の上にものせずに空中で切ったり取ったりしてるって

事です。

それに、切る前にはもちろん洗っているんですが、やっぱり気になるので…。

 

これから暖かくなってくるとますます食中毒の危険性が増えるので

気をつけたいですね。